ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

2021/12/21

ターゲットと、ニーズの確認

ターゲットと、ニーズの確認

(1)新しいサービスはシンプルなものでなければなりません。
  スタートアップには資本は豊富ではありません。シンプルなサービスしか作れません。
  新しいサービスが、全ての点において、既存のサービスを上回ることはありえません。

(2)顧客を限定した上で、その顧客目線で、自社のサービスが競合サービスと比べて圧倒的に優位(有益)であることが必要です。

(3)顧客を限定したうえで、これをターゲットとしたキャッチフレーズを考える必要があります。
 もし、このキャッチフレーズが見つからない場合には、新しいサービスは理解されず、市場に出ることはないかもしれません。

フレームワーク

 これらを整理する上で有益なフレームワークがあります。
 以下の項目に従って、検討してみてはどうでしょうか。

 

(1)解決策
 私が提供する解決策は〇〇です。

(2)ターゲットの確認と、ニーズの強さ
 顧客は〇〇です。
 顧客の問題は〇〇です。
 現在、顧客は〇〇によって、この問題を解決しています。(競合)
 顧客の問題の深刻さは、10段階評価で〇〇です。
 顧客はこの問題の解決に、〇〇円を支払います。

(3)差別化要素(私見)
 競合のサービスとしては〇〇があります。
 私のサービスとは 〇〇 の点が異なります。
 お客が私のサービスを選ぶ理由は、〇〇です。私のサービスを選ぶお客は〇〇です。

(4)キャッチフレーズ(私見)

 私のサービスの一言で説明すれば、〇〇です。

参考

「ダイアナ・キャンダー 著 牧野洋 訳 スタートアップ」という本が参考になります。

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。