ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

2022/01/12

ダイバーシティーを導入する前提

ダイバーシティーの目的

1 人材の活用

 採用段階では、男女比で成績に大きく差はありません。しかし、上層部が男性ばかりだとすれば、公正な評価ができていない。優秀な人材が辞めていること、人材の活用ができていないことを意味します。

2 多様な意見の活用

 多様な意見を活用すれば、新しい分野の道が開ける可能性があります。

ダイバーシティーのリスク

1 意思決定の遅延

 意思決定に時間がかかるリスクがあります。

 様々な意見ができると、意思決定に時価がかかるリスクがあります。

2 意思決定が妥協的になる可能性

 様々な意見が出た場合に、妥協的な結論に流れがちです。

 選択と集中が必要な現代の経営において、意思決定が鈍化するのは大きなリスクです。

ダイバーシティーのための条件

1 男女比の平等を目的としないこと
 当初の段階で、男女比率を平等にすることを目的にしてもよいが、それだけであれば、デメリットの方が大きくなりやすいと言われています。

2 ビジョン、パーパスを明確にすること

 ビジョン等を明確にして、会社の方向性を明確にしておき、スムーズな意思決定ができる環境整備が必要になります。

https://yuhigaoka-law.com/category/%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%80%81%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0/

3 ダイバージョンの導入目的を明確にすること

 ダイバーシティーの導入目的を明確にし、指標をもってその効果を検証していくことが必要です。

ダイバーシティー

参考

 ハーバードビジネスレビュー2022年2月号  74頁以下

 ハーバードビジネスレビュー2021年10月号 10頁以下

 ハーバードビジネスレビュー2021年10月号 94頁以下

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。