ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

2021/11/23

令和2年度個別労働紛争解決制度の施行状況

令和2年度個別労働紛争解決制度の施行状況

 令和2年度個別労働紛争解決制度の施行状況が公表されました。

https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000797476.pdf

あっせん制度

 令和2年度個別労働紛争解決制度の施行状況は、あっせん制度での紛争解決の報告書となります。

https://yuhigaoka-law.com/dictionary/%e3%81%82%e3%81%a3%e3%81%9b%e3%82%93%ef%bc%88%e5%80%8b%e5%88%a5%e5%8a%b4%e5%83%8d%e7%b4%9b%e4%ba%89%e8%a7%a3%e6%b1%ba%e5%88%b6%e5%ba%a6%ef%bc%89/

具体的な紛争事例

 個別労働紛争解決制度の施行状況を見ると、具体的な紛争事例として、①いじめ、嫌がらせ、②自己都合、③解雇等の問題が挙げられています。

(1)いじめ・嫌がらせ

 令和2年6月、労働施策総合推進法が施行され、大企業の職場におけるパワーハラスメントに関する個別労働紛争は同 法に基づき対応することとなったため、同法施行以降の大企業の当該紛争に関するものはいじめ・嫌がらせに計上していません。

(2)自己都合退職

 自己都合退職とは、社員が自分から会社をやめることを意味します。

 自己都合退職の紛争は、「辞めたいと辞めさせてくれない。」「辞めろとは言われていないが、結婚したら辞めないといけないような雰囲気がある。」等の問題です。

(3) 解雇

 不当解雇等の問題です。

注目ポイント

 いじめ、嫌がらせ等の紛争事例が増えています。自己都合退職の紛争事例も減っていません。

 社内の雰囲気を維持するためにも、対策等を検討する必要があるでしょう。

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。