ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

2021/12/06

コーポレートアイデンティティー(CI)

コーポレートアイデンティティー(CI)

 企業もしくは、企業理念の本質(コーポレートアイデンティテー)を見つめ直して、ブランディング、企業戦略、商品開発、社員教育、評価制度を反映させる活動をいいます。

具体的な活動

コーポレートアイデンティティー(CI)は、ブランディングと同様の意味で使われることが多い。

まずは、企業の理念の確認をしてこれに基づいて、HPや、名刺、仕事用の封筒のデザインのやり直しを行い、社員教育として活かすが多い。逆に言えば、ここに留まることが多い。

私見

コーポレートアイデンティテーは、本来的には、以下の言葉で表現し直すことができると考えます。

(1)ビジョン、会社理念

「(社会貢献として)企業が目指すものは何か。」「企業として、大事にしてきたこと、そして大事にすることは何か。」を明確にすること。

(2)デザイン

HPや、名刺、仕事用の封筒、第三者(お客様、取引先その他)が目にする者について、その会社らしいデザインで統一すること。

お客さんから見れば、会社の看板を見れば、会社の商品・サービスのイメージがわくことが必要です。目立つことや統一感が必要です。

(3)ビジョン、会社理念に基づいた企業活動

ビジョン、会社理念を社員に共有し、「わが社らしい」企業戦略をして、「わが社らしい」商品開発をして、「わが社らしい」サービスを提供できるように社員教育をして、「わが社らしい」サービスを提供できるように社員の評価制度を変更することです。

(4)何から始めるか

 HPの刷新だけでは意味がありません。例えば、商品開発から始めもよいと思います。

ミッション・ビジョン

ミッション・ビジョン

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。