ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

対話(ダイアログ)(2)

2022/08/23

対話(ダイアログ)

(1)対話(ダイアログ)は、立場・意見の対立を前提しながらも、その相違を乗り越えて問題を解決するための話し合いです。

(3)メンバー間で指示が伝わらなかったり、メンバー間の価値観が違うと思ったり、根はいいやつだが困ったやつだと思ったときに、対話を試みるのは良い点です。

対話のテクニック

共通点を明確にする。共通の目的を設定する。

「ある伝達ミスが起きた起きたとして、こういうミスをしないためにはどうしたらよいか、一緒に考えよう。」というスタンスで共通の目的を設定する。

お互いの思い込みを明確にする。

(1)自分が思っていることを率直にフィードバックすることが大切です。

(2)同じく、相手が思っていることを聞くことが大切です。

(3)できれば、中立者として見守ってくれる人がいる方がよいでしょう。

話し合いのルールを設定しましょう。

(1)話し合いの際に、トラブルにならないために、相手に敬意を払った言葉を使うこともルールです。

(2)人は責任を他人に転嫁しがちです。「なぜ、ミスが起きたのか。」という質問に対し、「私は悪くないと思っています。」という身勝手な発言(身勝手だとこちらが思う発言)が飛び出したとしても、その考え方を攻めてはいけません。

 「責任を議論するのではなく、お互いにどういう手順を踏めばミスが起きなかったのか。二度と起きないようにルールを設定するとしたら、どうすればよいのか、考えましょう。」という形で進めましょう。

辛口のアドバイザーを探しましょう。

(1)第三者に、相談してみましょう。

(2)あなたの意見に賛同する意見ではなく、「こうするべきだったのではないか。」と意見をくれるアドバイザーを探しましょう。

お互いの結論が異なった理由(立場)の違いを明確にしする。

(1)どちらの意見が正しいのか、を議論しても決着はつきません。

(2)「なぜ、相手はそのように考えたのか。なぜ、自分はそのように考えたのか。」をお互いに意見交換しましょう。

(3)結論の違いを前提にして、結論が異なった理由を探してきましょう。その中で一致を点を見つけれるかもしれません。

「●●さんが、Aだと考えた理由を教えてくれませんか。」

・・・

「●●さんの考えは分かりました。私が〇〇だと考えた理由は聞いてもらえますか?」

・・・

お互いの立場・メンタルモデルの違いを前提に具体的な解決策を考える。

  お互いの立場・メンタルモデルの違いを前提に具体的な解決策を考える 。

「●●さんと、私では、△△が一致し、××が一致しないのですね。」

・・・

「今回は、    する、ということではどうでしょうか。」

(「べき」論だけで話をしない。)正論で話をしない。

(1)相手の成長スピード、理解スピードを考慮して、一つ一つの成長に注目しましょう。

(2)正論や、善意の発言は、相手を追い詰めるところがあります。

(3)「相手のことを思ってアドバイスしたのに。」とは考えずに、相手の成長スピードを見切れなかったことについて反省が必要です。

違いを活かす。一緒に仕事をする。

(1)お互いの強みを洗い出し、これを活かせる仕事を一緒にしてみましょう。

(2)お互いに尊敬できる関係が構築できるはずです。

参考

 ハーバードビジネスレビュー2022年9月号31頁

 ハーバードビジネスレビュー2022年9月号40頁

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。