ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

他の弁護士を紹介するときの作法

2023/01/14

事件の紹介

(1) 利益相反の可能性があるなど、自分が弁護士として受任できない場合に、知り合いの弁護士を紹介することがあります。
(2) そのときにも、紹介者としての作法があります。

ヒアリング

 以下の事項を聞いて、知り合いの弁護士に知らせます。

(1)名前
(2)住所 
  住所が遠方の場合には、そもそも受任できない場合があります。

(3)連絡先

(4)職業・年収
 法テラスを利用することになるのか等に関わります。紹介を受ける弁護士の立場では知りたい情報になります。

(5)事件の概要
紹介を受ける弁護士の立場では知りたい情報です。

(6)呼出状(第1回苦闘弁論期日呼出状及び答弁書催告書)
 「期日と、答弁書の提出期日が書いている書類があると思うので、その書類の写真を送ってほしい。」と頼みましょう。
 (事件の係属している)裁判所や、第一回期日を確認します。

(7)連絡の取れる時間帯、曜日
 紹介先の弁護士が連絡するにあって、電話を取れる時間帯を聞きましょう。

(8)紹介先の弁護士事務所に訪問できる日程
 紹介先の弁護士事務所に行ってもらうことになります。
 そのために、どの日程であれば訪問できるかを聞いておきます。

(9)他の弁護士事務所に相談に行っているかどうか。
 紹介先の弁護士にも時間を空けてもらうことになります。
 他の弁護士事務所に相談に行っている場合には、紹介を避けることになります。

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。