ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

2021/12/22

リーダーの資格

リーダー

 ジム・コインズ著、山岡洋一訳「ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則」では「第5水準のリーダーシップ」という表現が使われています。

 これを参考に、私見になりますが、以下のことが重要だと思われます。

1 決断力がある。粘り強い。

 粘り強く、決断力がある。

 他人の意見を尊重しながらも、意見の対立があっても妥協案を採用しない。

 リーダーとして決断し、その理由をしっかりと他者に説明する。

2 ビジョンの共有

 会社が、社員が向かうべき方向を定め、そのために何をすればよいのか、明確な基準を設けることができる。

3 自責的であること

 悪い結果については、外形的な要因による責任にせず、自分の責任であると考える。

 次どうすればよいのか、考えて行動できる。

 よい結果については、自分以外の要因を分析する。

4 利他的である

 謙虚で、自慢しない。会社のため、社会のため、お客様のために、行動できる。

5 他人を巻き込むことができる

 ビジョンを共有して、他人を説得して、一緒にビジネスをしようと働きかけることができる。

6 現実を楽観視しない

(1)経営には、選択を集中が必要です。妥協的な結論をしない。思い切った決断をする。
(2)失敗を前提に、経営戦略を考える。
失敗事例と、原因を先に考えておく。
失敗したとして、ノウハウを別の分野に転用できるか、失敗を前提とした次の展開まで考慮する。
 リスクの大きなプロジェクトでは、見直しを適宜行うことも事前に計画に入れる。

 

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。