ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

2021/12/14

合理的な意思決定のルール

リーダーの役割

 リーダーには、合理的な結論を出す能力ではなく、正しい答えが出せる環境づくりをする能力が必要になっています。

否定的な発言を禁止する。もしくは議論が脇道に逸れるのを防止する。

(1)会議の初めの段階では、「非現実的な意見である。」等の否定的な意見を禁止する必要があります。

(2)逆に、意思決定の最終段階では、非現実的な意見をはじめから検討していては収拾がつかなくなります。「意思決定の終盤である」と判断すれば、「面白い意見ではあるが、期限もあるので、次回の会議で検討したい。」等でこれを取り除く必要があります。

質問することによって、議論を正しく導く。

  リーダーには、合理的な結論を出す能力ではなく、正しい答えが出せる環境づくりをする能力が必要になっています。

①各人が意見を言いやすい雰囲気を作る。
 例 Aさんはどう思いますか、と意見を募る。

②現場の意見、顧客の視点を反映させる。
 例 この案の場合、現場のオペレーションをどのように変更する必要がありますか。

③データに注目させる。
 例 この案について、予想の値の根拠は、どのように計算されているのですか。

③意見を出す場合に、理由(データ)を示させる。
 例 もう少し、A案を支持する理由を噛み砕いて説明してもらえますか。
 例 売上予想の計算式を出してもらえませんか。

④ビジョン(パーパース)に適合するか。
 わが社は顧客第一としていますが、その案はわが社らしい方法でしょうか。例えば、わが社の利益ととお客様の利益のバランスをとった他の方法ありませんか。

⑤専門家の意見を聞くべき問題かをチェックする。
 この点は、マーケティングの専門家に聞いた方が良いのではないか。

議論が尽くされてるかをチェックする

 議論が尽くされているかをチェックして、結論を出すかを判断します。

理由を説明したうえで決断する。

 例 議論が尽くされたので、「〇〇」ということであるから、今回はA案を採用する。
 理由を付けた上で、決断を行います。
 「〇ヶ月以内に、結果が出なければ再検討することとします。」と、目標や、見直しの基準を設けて置く方がよいでしょう。

参考
 ハーバードビジネスレビュー2022号1月号52頁

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。