ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

プラットフォームとその種類

2023/01/18

プラットフォーム

 プラットフォーム(ビジネス)は、ユーザーとユーザーの取引(何らかの価値の交換)を支援して、今までに無かった価値を提供するビジネスです。

プラットフォームの分類

(1)プラットフォームは以下のように分類できます。

(2)他にもいろいろなプラットフォームの形があります。

道具としてのプラットフォーム

(1)例えば、顧客がある商品を購入するためのプラットフォームです。顧客がレビューを書き込むことはありますが、積極的な活動はできません。

(2)既に様々なプラットフォームが存在し、新しく作られるプラットフォームでは特定の分野に特化したものなるでしょう。

 例えば、結婚記念に贈るプレゼント特集など、一つの目的を決めて、これを叶えるための様々な商品が一か所で購入できるように、周辺分野のパートナー企業を増やしていくことになります。

(3)プラットフォームの差別化要素(顧客がまず、そのプラットフォームを利用して商品を探す理由)が必要になります。販売する商品を付加価値の高いもの(ハイグレードの商品)を選ぶ。販売するパートナー企業をしっかりと選別する。プラットフォームで顧客にとって十分な情報を提供することが必要になります。

展示会、情報交換の場としてのプラットフォーム

(1)例えば、顧客が自分で作った作品を公開し、これを他人がコメントできるプラットフォームが考えられます。

(2)ブロックの作品、プラモデル、DIYなどがあります。顧客の情報交換が活性化するように、企業が表彰する等の参加をすることが考えられます。

買い手と売り手のマッチングの場としてのプラットフォーム

(1)例えば、ウーバーや、エアビーなどがあります。

(2)管理者側で仕事の品質を完全に管理することはできません。差別化の難しい商品・サービス(コモディティ)の書い手や、売り手をマッチングさせるのに向いています。

提携企業の連絡を強化するためのプラットフォーム

(1)企業のFBのようなイメージが考えられます。例えば、企業が新素材を欲しいと考えれて、その仕様を公開します。これを見て、応募してしてきた企業との商談をスタートさせることができます。

(2)参加できる企業を、管理者がしっかりと選別することが必要です。

(3)例えば、ハイアールのコスモプラントなどの例があります。(ハーバードビジレスレビュー2023年1月号96頁)

参考

 ハーバードビジネスレビュー2022年12月号34頁以下

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。