ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

プロジェクトと事業計画(計画を立てる目的)

2023/01/10

プロジェクトの定義

(1)例えば、ルーティンワークは、毎回決まっている業務を行うことをいいます。
(2)プロジエクトは、何らかの目的をもって、それ以外の業務を行う業務です。

プロジェクトの特徴

(1)プロジェクトは以下の特徴を持っています。
(2)プロジェクトは、初めて業務であり未確定な部分が多い。成功化率も低い。
(3)達成すべき目標は決まっている。(目標が決まっているべきである。)
(4)予算、期限が決まっています。

計画を立てる目的

(1)計画を立てれば、どれくらのお金(お金)や、人手(人)が必要になって、いつまでに(時間)、どのような効果をもたらすのか(目標の設定)を予想できます。
(2)計画を立てることで、何をすべきなのかを明確にできます(優先順位の明確化)。
(3)計画があれば、いつまでに何をしなければならないかを明確にできます(タスクの明確化)。

プロジェクト(計画)の不確実性

(1)プロジェクトの計画を立てるということは、やったことがなく、何が起こるか分からないが、期限内に、約束した予算と人員で、約束した目標を達成する旨の計画を作ることになります。
(2)以下、これを、「プロジェクト(計画)の不確実性」をいいます。

プロジェクト(計画性)の不確実性を乗り越える方法

(1)プロジェクト(計画性)の不確実性を乗り越える方法は、以下の3つです。
(2)メンバーを教育し、標準化できる部分は標準化させることで、組織としての成熟度を上げることです。
(3)進めて行く中で、少しずつ課題が明確になっていきます。そのたびに、再度計画を見直して、より精度の高い計画を作っていくことです。
(4)計画(人、お金、時間)に余裕を設けることです。。

ダメな計画

(1)以下がダメな計画です。
(2)もともとの計画を訂正せずに、これを遵守することにこだわる計画、計画変更を適宜行わない計画。
(3)プロジェクトの目的が明確にされおらす、どのように軌道修正をしたらよいのか明確ではない計画。
(4)計画の実現のための課題がいつまでも議論されず、時間だけが過ぎていく計画。
(5)最終的な目標、マイルストーン、プロジェクトの段階的な指標が設定されていない。もしくは、いつ、誰が、途中経過をチェックするか明確になっていない計画。

計画に必要な要素

(1)計画の目的が明確になっていること、計画の実現のための課題が明確になっていることが必要です。これによって課題を克服しつつ、計画の目的を維持するために、どの要素を残して、その要素を変更していくか、計画変更を議論できます。
(2)最終的な目標、プロジェクトの段階的な指標が設定されていること、いつ、誰がこれをチェックして計画変更(中止)を検討するのか、明確になっていること、もしくは、どの指標がどの数値になった場合に、計画変更(中止)を検討するのか、明確になっていることが必要です。
(3)マイルストーン、各人の個別のタスクが明確になっていることが必要です。

参考

 芝本 秀徳「誰も教えてくれない 計画するスキル」16頁~52頁

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。