ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

試行錯誤と仮説の設定

2021/12/14

試行錯誤

(1)スタートアップでは、商品を一定程度完成させれば、リリースし、顧客の反応を見ながら、改良を加えて完成させていく手法をとります。(リーンスタートアップ、アジャイル)
(2)しかし、数打てば当る方式ではダメであり、一貫したチャレンジであること、試行錯誤により「より精度の高い、仮説を設定する。」仕組みが必要です。

(3)ハーバードビジネスレビュー2022年1月号36頁以下では、「仮説を立てることが大切である。」と指摘しています。

仮説と、イノベーション、経営理念

(1)設定される仮説は、「イノベーション」もしくは「経営理念」そのものです。

(2)イノベーションを実現するために試行錯誤する。そのための仮説が必要になります。

(3)会社としてのビジョンを実現するための試行錯誤を行います。そのための仮説が必要になります。

仮説を立てる。(仮説は抽象的でもよい。)

(1)弁護士事務所には、失敗(紛争)が集まります。
(2)したがって、(失敗を知っている)弁護士が経営について勉強して、その知識を、社会に発信することはイノベーションを生む(社会にとって、新しい価値を生む)はずである、との仮説を立てています。

仮説は、何をするか明確でなければならない。

経営の雑誌、法律の雑誌を読んで、自分の頭を整理するために、HPを書くことは自分のマイルールにしました。

仮説を実証するために、粘りずよく続けること、試行錯誤が必要である。

HPで書き続けるだけでも、中小企業の社長に届くとは思っていません。書き溜めた記事をどのように使うかは考案中です。例えば、メルマガや、FBの連動その他を考慮しなければなりません。

仮説は、数値化されて、検証されなければならない。

例えばHPでの順位は分かりやすい指標です。メルマガにすれば閲覧率を測定することも可能です。

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。