ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

予測不能な時代の戦略作成

2023/01/23

予測不能な時代であること

(1)環境意識の高まり、型コロナウイルス、ウクライナ戦争等、激しい変化が起き、予測不能な時代が続いている。
(2)グローバル経済となって影響を受ける経済圏が広がった。逆説的に、世界中のあらゆる主義主張、あらゆる地域での出来事の影響を受けるようになった。影響を及ぼす要因が加速度的に増えた。
(3)予測不能な時代には、戦略策定は以下のように考えるべきである。

1 極端ではあるが、起こりえるシナリオを検討する

 人権侵害をしている地域・国との取引の停止、環境意識の高まり・石油の枯渇、地震、新型コロナウイルス、ウクライナ戦争、為替の大きな変動、原材料の高騰(これらの取得ができなくなること)その他、極端ではあるが、起こりえるシナリオを検討します。

2 複数の戦略を査定する

 複数の戦略について、各シナリオを通じた評価を下します。

3 小さく投資し、小さく実験する

(1)広く浅く投資することは間違った戦略です。
(2)(本格的な投資の前に)小さく、かつ集中的に投資して、各戦略を早期に査定します。

4 指標の設定

 各プロジェクト(各戦略)について指標を設定し、その指標を設定することが必要です。

5 指標の管理

 「ある指標が●●となったら、中止を決定する」等の形で、客観的な基準を設けてもよいでしょう。また、また、いつ、誰が、指標をチェックすーるのか明確に消えておく必要があります。責任者と、その責任者の検証作業も具体的に決めて置くこと等の指標の管理体制を決めることが必要です。

参考

 ハーバードビジネスレビュー 2023年1月号66頁以下

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。