ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

2021/08/14

事業計画と進捗管理

初めに

 自分で実勢している。簡単な事業計画の管理方法について解説します。

私見

(1)事業計画に売上目標は無くてもよい。もちろん、あったほうがよい(笑)。
 事業計画があっても、メンバーが明日何をするべきか(行動目標)について、落とし込めなければ意味がない。
  日々の進捗を管理できる内容になっていなければ意味がありません。
(2)私見としては、事業計画は、①各人に最適なタスクを振り分けることと、②週一の30分会議で確認することで足りると考えます。

メンバーのタスク

(1)事業を進めるにあたっては、メンバーにタスクを振り分けることになります。 
(2)どの仕事を誰に任すかは、リーダーの腕の見せ所である。
(3)各人がどんなことでモチベーションを高めれるのか。その仕事を任すことが、そのメンバーにとって、キャリアップになると説明できるか、ということも考えなければならない。

週一会議の内容

(1)リーダーが、タスクをこなさないと話が進みません。リーダーは率先してタスクをこなす必要があります。
(2)週一会議によって、各人のタスクの進捗を確認します。  
このときに、メンバーの不達成については叱ってはなりません。単に確認するだけに止めます。
(3)各メンバーへのタスクの振分けが適切かを確認し、適宜、タスクの振分け等をやり直します。

週一会議の時間

(1)週一会議の時間は30分と決めています。
(2)会議は長引くとだれます。担当者の準備不足を感じたら、議題から外して、後日個別に連絡して話し合います。
(3)各人のタスクの進捗の報告と、タスクの振り直しだけであれば、30分で終わります。

週一会議の目的

(1)事業計画の業務をこなすことを、メンバーの習慣化させることです。
(2)事業計画の業務の多くが、現場の業務とは異なりプラスアルファー業務となって、後回しにされがちです。
(3)メンバーのやる気を引き出すためにも、未達を責めてはいけません。ただ、未達を確認することに止めます。
(4)毎回確認することで、本人のやる気を誘発させます。

習慣化で動き出す

(1)  メンバーの行動が習慣化されて、やっと会社は動き始めます。
(2)習慣が変れば、人生が変わります。

リーダーの仕事をしましょう。

(1)他人に無理やり仕事をさせることはできません。
(2)リーダーができる仕事は、メンバーの進捗を確認することと、不都合があれば、その分量や、担当を調整することだけです。
(3)なぜ、メンバーがやらないのか悩んだり、感情的になってはいけません。
(4)リーダーは、ビジョンを示し、適切な人物に適切な分量・質の仕事を割り当て、その進捗を管理、不都合があれば、仕事の割り振りを再調整することだけです。
 メンバーを信頼し、何度も何度もチャンスを与えるのが仕事です。
(5)感情的にならない。威圧的にならない。不安な顔を見せない。メンバーに対して、リスペストを忘れない。感謝とコミニケーションを絶やさない。それが一番大事です。

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。