ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

2021/08/15

企業ドメイン・事業ドメイン

企業ドメイン・事業ドメイン

簡単に言えば、以下の事柄を大枠で決めることをいいます。

 ①会社はどういう会社で、どういう方向を目指しいるのか。

 ②会社の強みと、弱みは何か。

 ③企業・市場の将来性をどうか考えるのか。

 ③どういうお客さんに、どういう商品をどういう商品を、どういう値段で、どういう方法で販売するのか。

ビジョナリーカンパニー

(1)「ビジョナリーカンパニー」は、経営書の中でも有名な書籍の一冊です。

(2)特に、「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」は特に有名です。

(3)同書では、3つの円という視点が指摘されています。

  ①熱意をもって取り組めること

  ②利益が確保できること

  ③世界一になれること

ハーバードビジネスレビュー

ハーバードビジネスレビュー2021年10月号の論文の一つでは、①世界が必要とするもの、②自分たちが情熱を注げるもの、③自社が得意分野、③十分な投資リターンを得ら得るかどうか、という考慮要素が記載されており参考になります。

私見

(1)私見ですが、中小企業では、以下の2点も加えるべきだと考えています。

  ④商品、サービスが、いろいろな販売方法を試せるものであること。

  ⑤同じターゲット(顧客)もしくは、同じ販売方法で、多様な商品、サービスの提供を試せるものであること。

(2) 試行錯誤するにも、資源には限りがあります。いろいろな方向で試せる。もしくは、一緒に他の方法も試せることも、会社・事業の方向性を決める上で重要な考慮要素になると思います

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。