ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

目標管理(MBO)(2)

2022/09/27

目標管理(MBO)と私見

 私見を前提に、望ましい目標管理(MBO)を検討しています。

目標管理(MBO)

 目標管理を①最終的に目指すべき目標と、②①に行きつくまでの中間目標の設定、③そのための行動の約束に分けて設定します。

目標管理(MBO) の目的

(1)目標設定は、①正しい方向性に進むために目標を決めること、②その進捗を見える化することにあります。

(2)目標設定は複雑では意味がありません。

(3)目標の設定をシンプルにすること、これを測定する指標も数を制限すべきです。

目標管理(MBO)の運用

(1)企業の理念、方針が社員に共有された状態で、 目標管理(MBO) を運用する。
(2)上司が1on1等を使って、正しい(企業の理念、方針と合致する)目標を決めるサポートをすることが必要です。
(3)上司が1on1等を使って、目標の進捗が順調かどうか、事業の成長性(プロジェクトの効果)が予想どうりであるのかの進捗確認をサポートすることが必要です。

目標管理(MBO)の査定

(1)目標の達成未達成は、人事評価の対象としません。
(2)目標設定が現実的であったか、を査定します。
(3)目標が、企業の理念、方針と整合的であったか、を査定します。
(4)目標への貢献度、努力を査定します。進捗の確認方法が適切であったのか。適切なタイミングで軌道修正等の対応をしていのか、を査定します。
(5)チームへの貢献を査定します。

参考

 坪谷 邦生「図解 人材マネジメント 入門 人事の基礎をゼロからおさえておきたい人のための「理論と実践」100のツボ」 44頁

アンドリュー・S・グローブ 著、 小林薫 訳 「HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント」 177頁

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。