ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

離婚と荷物の運び出し

2022/11/08

離婚と荷物の運び出し

(1)離婚を決意して、別居したが、多くの荷物を置いてきた。
(2)荷物が自宅に置いたままになっている。
(3)荷物の運び出し方法について話し合う、ということはよくある話です。

こっそり持ち出す

(1)「カギをもっているので、こっそり持ち出したい。」という話はよく聞きますが、お勧めできません。
(2)離婚の話し合いになっており、感情的になっています。勝手に自宅に出入りすると警察を呼ぶ等のトラブルに発展することも多いです。

持ち出す物品を交渉する

 荷物の持ち出しを希望するケースでは、運び出したい荷物を箇条書きして、他方当事者に送って、持ち出してよいか返事をもらいます。
 他方当事者が、持ち出しを拒否した場合には、あきらめるのが現実的です。
 仮に、その持ち出しの正当性で争ってしまうと、他方当事者との話し合いによって、荷物を持ち出すことは不可能になります。

持ち出し方法を交渉する。

(1)引っ越し業者を手配する方法があります。ベット等を持ち出す場合には、引っ越し業者の手配が必要になります。その場合には、見積もりを運び出しの2度、自宅に行く必要が出てきます。
 引っ越し業者の立場としても、持ち出すかどうか争いのある物品の運び出しは拒否されます。
(2)郵送する方法があります。荷物を梱包して郵送する方法もあります。その場合、送料の負担を議論しなければなりません。他方当事者の了承もないのに、着払を前提に荷物を郵送することはできません。
(3)荷物を取引く方法もあります。段ボール等を用意して、荷物を運びだします。

立会人を交渉する。

(1)一方当事者が荷物を持ち出す場合には、他方当事者から「何を持ち出すのか見たい。」と申し出があることが多いです。
(2)感情的な問題が起きないように、弁護士等が立ち合いをすることがあります。
(3)一方当事者が、自分のお父さんお母さんの立ち合いを望み、他方当事者がこれを拒否することもあります。
(4)弁護士の立ち合いが必要かどうかは、「荷物の持ち出しについてもめずに進めることができそうかどうか。」ですので、依頼者様で判断してもらうしかありません。

日程を交渉する。

(1)運び出す荷物を決めて、運び出し方法を決めて、当日、立ち会う人が決まってから、運び出す日程を決めることになります。
(2)運び出しにかかる時間も大切になってきます。

立ち合いでのルール

(1)発言は、「持ち出し」のために必要最低限の事務的な内容に限ります。
 感情的な対立が生じないように、当事者は事務的に話をすることが必要です。感情的な発言をする場合には、そのことを注意します。
(2)お父さん、お母さんが立ち合う場合には、直接、他方当事者に発言してはなりません。お父さん、お母さんがその場で気が付いたことは、一方当事者に説明して、一方当事者から他方当事者に事務的に指摘・発言してもらいます。
  当事者同士の発言で、どうしても感情的になってしまう場合には、弁護士を通じて発言をすることにないrます。
(3)荷物の持ち出しは、相手方が許可した範囲に限ります。相手方が拒否した荷物を強引に持ち出せばトラブルになります。
 争いのある物については、後日、どちらが持ち出すのが正当か話し合うことになります。

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。