ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

用語集

ウェブ会議(書面による準備手続)

2021/09/22 更新

  このページを印刷

裁判の期日

 裁判の期日には、原告の弁護士、被告の弁護士、裁判官の3名が出席することが多いです。

 書面の提出は期日の一週間前とすることが多いです。提出された書面を読んだ上で期日に出席する必要があります。

 裁判の期日では、提出された書面について不明点があれば議論することありますが、多くは、①書面をどちらの弁護士が書くのか。②その書面の提出日、③次回の期日を決めて終わります。

 短ければ5分程度、長くても30分程度で終わることになっています。

 多くは書面の提出日等を決めるだけですので、依頼者(本人)が希望すれば出席することもありますが、多くは弁護士や裁判官しか出席しません。

ウェブ会議(による期日)

 ウェブ会議による期日があります。

 マイクロソフトのチームズというソフトを伝って、パソコン上で裁判期日を行います。

 ウェブ会議システムを使いますで、相手方弁護士、裁判官の顔が見えます。

 原告の弁護士、被告の弁護士はそれぞれの弁護士事務所に、裁判官は裁判所に居ながら裁判上の期日を開きます。

書面による準備手続

 ウェブ会議では、原告の弁護士も、被告の弁護士も裁判所に出頭しなくてすみます。

 法律上、原告の弁護士も被告の弁護士もどちらも出頭しないで開けれる期日は、「書面による準備手続」しかありません。

 そこで、ウェブ会議による期日は、「書面による準備手続」として開かれます。

書面による準備手続の特徴

①先ほど述べた通り、書面による準備手続きは、原告の弁護士も、被告の弁護士も裁判所に出頭しなくても開催できます。

②書面による準備手通は非公開です(傍聴できません)。

③書面の陳述、書証の取り調べはできません。事実上、書面や書証の提出をしてもらい、裁判所もこれを見ます。しかし、法律上は書面や書証が提出されたものとしては扱えません。
 後日、書面による準備手続を終了させて、別の期日を開いて「書面の陳述」の手続、「書証の取り調べ」の手続を行います。法律上は書面や書証は別の期日にて提出されたものとしてあつかうことになります。

書証の証拠調べ

https://yuhigaoka-law.com/dictionary/%e6%9b%b8%e8%a8%bc%e3%81%ae%e8%a8%bc%e6%8b%a0%e8%aa%bf%e3%81%b9%e3%81%a8%e5%8e%9f%e6%9c%ac%e7%a2%ba%e8%aa%8d%ef%bc%88%e6%b0%91%e4%ba%8b%e8%a3%81%e5%88%a4%ef%bc%89/

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。