ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

メールでの
お問い合わせ

組織開発

【イノベーション】アイデアを生み出す仕組み(アマゾンの経営)

2023/08/07 更新

アマゾンの仕組み

 アマゾンでは、イノベーションのアイデアが出されるように以下の仕組みがあります。

アマゾンの「PR/FAQ」企画書

(1)イノベーションを検討するフレームワークの一つとして、アマゾンの「PR/FAQ」の企画書があります。

(2)これは、アイデアの段階で、①そのサービス、商品のピーアール文章を作る。②ピーアール時において、報道機関から顧客から聞かれる質問と、回答(FAQ)という形式で企画書を作るという方法です。

(3)企画書には、日付を記載し、時期についての特定が重要視されます。

 タイミングを読み間違えればビジネスは成功しないからです。

(4)FAQとして、サービス、商品の概要、顧客とそのメリット、顧客が実際にこれを使ったときの感想(フィードッく)も記載されます

(5)谷敏行「Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム) イノベーション量産の方程式」54頁以下

社員教育

(1)ほとんどの社員が、「PR/FAQ」企画書を書くトレーニングを受けてます。

(2)谷敏行「Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム) イノベーション量産の方程式」77頁以下

イノベーションサミット

(1)1年に1度、参加者は、数日間、日常業務を離れて、チームを組んで、イノベーション提案をする機会を与えられるイベントがあります。

(2)谷敏行「Amazon Mechanism (アマゾン・メカニズム) イノベーション量産の方程式」84頁以下

Sチーム

(1)上位組織として、イノベーションの推進チームの支援組織を作ります。

(2)組織は、過去のイノベーーション経験者で構成します。

(3)Sチームに、イノベーション提案の承認を受ければ、予算が権限を与えられ、会社の全面的なバックアップを受けれます。

ミッション

 挑戦することを、ミッション、もしくは、企業の行動指針として取り入れる必要があります。 

「組織開発」トップに戻る

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。