ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

メールでの
お問い合わせ

組織開発

ダイバーシティーの推進と課題(多様な意見の難しさ)

2023/06/16 更新

ダイバーシティー

(1)ダイバーシティーとは、多様性という意味です。

(2)会社の経営者、管理職、社員に、女性、高齢者、障害者、外国人などの多様な人材がいることを意味します。

ダイバーシティーの経済効果

(1)ダイバーシティーに取り組んだからといって、企業の成績に好影響をもたらすわではありません。

(2)ダイバーシティーに取り組んだ結果、企業の成績が悪化することもありえます。

参考

 伊達 洋駆「現場でよくある課題への処方箋 人と組織の行動科学」188頁

ダイバーシティーのメリット

1 人材の確保

(1)例えば、採用段階では、男女比で成績に大きく差はありません。しかし、上層部が男性ばかりだとすれば、公正な評価ができていない。優秀な人材が辞めていること、人材の活用ができていないことを意味します。

(2)多様な価値観を受け入れることで、人材の確保と退職を抑制が期待できる、と言われています。

2 多様な意見の活用

(1)多様な意見を活用すれば、新しい分野の道が開ける可能性があります。

(2)例えば、主婦社員の意見を活かして、主婦向けの商品を開発するということもできるかもしれません。

ダイバーシティーのデメリット

 ダイバーシティーに取り組んだ結果、企業の成績が悪化する理由としては、以下のことが言われています。

1 意思決定の遅延

(1)意思決定に時間がかかるリスクがあります。

(2)様々な意見ができると、意思決定に時間がかかるリスクがあります。

2 意思決定が妥協的になる可能性

(1)様々な意見が出た場合に、妥協的な結論に流れがちです。

(2)選択と集中が必要な現代の経営において、意思決定が鈍化するのは大きなリスクです。

参考

 ハーバードビジネスレビュー2022年2月号  74頁以下

「組織開発」トップに戻る

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。