ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

メールでの
お問い合わせ

組織開発

D2Cビジネス(2)

2024/02/10 更新

D2Cビジネス

(1)D2Cとは、 「Direct to Consumer」という意味です。

(2)D2Cは小売店等を通さずに自社のECサイト等を通じて、商品を消費者に直接販売するビジネスです。
だけで商品を販売するメーカー(ブランド)です。

①商品

(1)今までの商品開発では、多数の小売店で販売されることが前提となった商品開発が必要でした、メインの顧客に好まれる仕様の商品開発が必要でした。

(2)しかし、D2Cでは、特定の顧客だけに最適化させた商品開発が可能です。特定の顧客のニーズにフォーカスして、小ロットでも、独自性の高い商品を開発してこれを販売します。

(3)D2Cの商品は以下のものであることが必要です。

 小ロットでも、利益の確保が可能な商品であること

 顧客が現在の商品に強い不満を持っていること(なぜなら、その不満を解決してくれば支払う金額が高くなります。)

 顧客のニーズに合わせて、商品開発できる技術力があること(もしくは、コンセプト(アイデア)で新しい商品を開発可能であること)

②顧客

(1)今までのECサイトでは、商品を購入する顧客をターゲットとして商品を販売していました。

(2)D2Cでは、特定の悩みを持つ顧客に対し、情報提供をして、顧客の関係づくりから始めることができます。

行えます。特定の顧客だけに最適化させた商品開発が可能です。特定の顧客のニーズにフォーカスして、小ロットでも、独自性の高い商品を開発してこれを販売します。 

D2Cの考え方

(1)今までのビジネスでは、1万人に、1万円の商品を売って1億円の売上を得ていました。

(2)D2Cは、1000人に10万円分消費してもらって1億円の売上を目指すイメージです。売上単価で勝負するのか、ファンになってもらって何度も購入してもらうのかを考えます。

(3)D2Cでは、特定の顧客にフォーカスして、その顧客にとって、最適な商品開発(他では売っていない商品)を開発することが必要です。

 購入頻度を増やすロイヤリティ施策や、顧客の満足度向上を目指すことになります。

(4)アマゾン等の大手ECサイトでの販売する方法もあれば、ホームページ業者と協力しながら、独自性の高い自社サイトの作り込みをすることも考えられます。

参考

 花岡宏明他「D2C THE MODEL EC/D2Cビジネスに再現性をもたらす体系的メソッド」

「組織開発」トップに戻る

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。