ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

詐欺的な仮想通貨に値段が付く理由

2022/12/10

仮想通貨

(1)仮想通貨は、価格が変動するために、決済手段としての利便性に限界があります。
(2)仮想通貨は、値上がりを期待して購入されるか、分散投資として購入されることが多いです。
(3)なお、企業や国等が、「1コイン=1ドル」を保障するステーブルコインもあります。

仮想通貨の本質

(1)仮想通貨は、コピーしたら、コピーした痕跡が残るデータ(無価値なデータ)です。
(2)コピーすると、コピーしたものだと分かるので、偽物は作れません。
(3)仮想通貨の場合、「1コインを1万円で欲しい。」という人がいれば、1万円の価値があり、そのコインを欲しい人がいないと、無価値となります。
(4)株式の場合には会社の価値が証券の価値です。仮想通貨の場合にはその裏付けがなく、無価値になるリスクがある一方、無限に価値があがる可能性を秘めています。

詐欺的な仮想通貨に値段が付く理由

(1)本来的には、仮想通貨のプロジェクトは、あるアイディアに投資をしてもらい、対価として、そのプロジェクトで使えるトークン(仮想通貨)を発行します。
 そのプロジェクトが魅力的であれば、そのプロジェクトにお金を払ってでも参加したい人が仮想通貨を購入し、結果として価値が付きます。
(2)しかし、以下の仕組みを使えば、詐欺的な仮想通貨に値段を付けることも可能です。

仮想通貨とプレセール

(1)インターネット上での取引所で自由に販売できる状態を上場といいます。

(2)プレセールとは、仮想通貨の開発者が上場前に、仮想通貨を販売することをいいます。

(3)仮想通貨の場合、例えば、「1コインを1万円で欲しい。」という人がいなければ、無価値となります。そこで、仮想通貨については、「欲しい人を作る。」仕組みが必要です。

(4)上場前に、新しいコインを何回かに分けて販売されます。1回目は、1コイン30円、2回目は40円、3回目は50円と値段を上げて、価値を釣り上げていきます。同時に、コインの将来性を宣伝します。(例えば、〇〇という企業が決済で取り扱う等のプレスリリースを行います。)

(5)プレセール段階では、仮想通貨を売り買いすることができません。値上がりを期待して開発者からコイン購入することしかできません。

仮想通貨と上場

(1)上場は、インターネット上の取引所にて売買できる通貨として登録されることです。

(2)プレセールの段階では、開発者がそれ以下の価格で売却しないことで値崩れを防いでいました。

(3)上場後には、開発者のメンバーがコインの売却で得た資金で、上場後にコインを買い支えることで、市場価格を形成することができます。

流通量が少ないことがポイント

(1)値上がりを期待して、仮想通貨を購入した購入者は直ぐには仮想通貨を売却しません。

(2)流通量が少ない仮想通貨を買い支えることは容易です。

(3)詐欺的な仮想通貨の場合には、仮想通貨が自然に増える(利息が付く)ものもあります。利息が付くことで、継続的に保有したいという心理が働き、さらに流通量を減らすことができます。

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。