ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

メールでの
お問い合わせ

弁護士業務の流れ

打ち合わせ後のタスク

2024/07/20 更新

打合せ後のタスク

 裁判の期日後の作業としては、以下のような業務があります。

依頼者の宿題をメールする

 依頼者に何を依頼したのか、トラブルにならないために、メールします。

◯◯様

いつもお世話になっております。

△△です。

1 初めに

 本日(令和6年7月◯日)の打合せはありがとうございました。

2 お願い

 ◯◯の書類を送って下さい。

ポイント

(1)いつ打合せをしたのか記録するために、本日や昨日という言葉は避けます。

 弁護士業務は1年、2年かかることもあり、何年の前のメールを見返すことを考えると、日付を入れるべきです。

(2)打合せ後時に、直ちにメールを作ります。

 直ちに作らない、と忘れてしまいます。

議事録

(1)打ち合わせ後に、議事録を作りましょう。

(2)直ちに作らない、と忘れてしまいます。

タスク管理ソフト

(1)タスク管理ソフトに入力しましょう。

(2)以下のことを記載しましょう。

 打合せ日
 依頼者にお願いしたこと
 自分のタスク

 依頼者に催促する必要があり、打合せ日を記入することは大切です。

(3)打合せの議事録をそのまま入れる。

 (タスク管理ソフトに、議事録をそのまま入力してもよいでしょう。)

文書の作成

(1)打合せ後、一週間以内に文書を作りましょう。

(2)期限ぎりぎりに書面を作成してもよい書面はできません。

(3)できれば、次の日までに書面を作成しましょう。後日、作成すると記憶が薄れて倍の時間がかかります。


 

「弁護士業務の流れ」トップに戻る

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。