ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

TEL 06-6773-9114

FAX 06-6773-9115

受付時間 : 平日10:00 ~18:00 土日祝除く

夕陽ヶ丘法律事務所ブログ

2021/08/13

ビジョナリーカンパニー

ビジョナリーカンパニー

(1)「ビジョナリーカンパニー」は、経営書の中でも有名な書籍の一冊です。

(2)特に、「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」は特に有名です。

(3)すばらしい会社(ビジョナリーカンパニー2)であることの要素が紹介されていますが、私が自分の言葉で説明すると以下のようになると理解しています。


会社の理念や、課題が社員に共有されていること。

(1)会社には崇高は理念が必要です。

(2)経営者が経営課題(企業の本質・強みを把握し、企業が成長するために必要なこと)を正確に把握し、かつ、社員がこれを共有する仕組みが必要です。

(3)崇高な理念と、日々の企業活動がこれを実践しているという自信は、社員の誇りとなります。

(4)また、経営課題が共有されていなければ、社員は何をしてよいのか分かりません。

(5)弊所の経営理念は、「社会人として、弁護士として、中小企業として、やるべきとされている当たり前(経営努力)に全力で取り組み、その知識ノウハウを公開し、社会に還元することです。」「お客様に嘘をつかないこと、そして、嘘をつかない仕事が評価されることを証明することです。」

 社会人として、弁護士として、中小企業として、やるべきとされている当たり前に一つ一つ全力で取り組むことです。

 「間違ってもいい。」「空振りしてもいい。」「全力で取り組めば、予想した結果がでなくても、経験や知識が増えます。全力で努力すれば、得るものは必ずあります。逆に、手を抜くと全て無駄になることを経験で知っています。」

 「お客様のために、お客様に代わって、お客様がこける前に、私たちが挑戦し、かつ、大きくころんでみます。そして、お客様にその経験をお伝えて、お客様が転ぶことを防ぎたい。裁判でどう勝てるかではなく、どうしたらリスクを減らしながら進むことができるかを、ご案内します。」

(6)経営理念の浸透には、OKRを自己流で導入しています。

経営者が正確に経営課題を把握すること

(1)これは、経営者が経営を勉強し続けるしかありません。横のつながりにも時間を割き、尊敬できる人生の師を探し、付き合う人のレベルを上げていくことしかありません。

(2)弊所でも、経営の勉強を奨励し、コンサルタントや経営者との付き合いを大事にしています。このメールも社員教育の一環です。


チームが自由に発言、行動することが許す環境があること

(1)経営は試行錯誤です。チームがいろいろなアイデアを出して実行すること、逆にいえば失敗することが許される環境が必要です。

(2)弊所では、絶対に感情的にならないことを大事にしています。ミスを指摘することはあっても、感情的な対応は致しません。気になる裁判の傍聴を認めたり、日常業務以外のチャレンジングな試みをすることを大事にしたりしています。

行動目標の設定と管理

(1)「経営課題の把握 → 目標の設定 → 進捗の管理 → 検証」の流れを管理しなければ、企業は進みません。

 具体的には、部門レベル、社員レベルの目標設定をどうやって行うか。

 その後の進捗をどうやって管理するかが問題となります。

(2)弊所では、事務所会議を週に1回、30分行って課題の進捗を報告することを行っています。イメージでは、OKRを自己流で導入しています。


アジャイル手法、リーンスタートアップ


(1)アジャイル手法、リーンスタートアップの考え方を大切にする。

 試行錯誤の方法として、小さく作ってテストしながら組み立てていく。簡単な試作品を早めに作って効果測定する。
 お客さんの感想(主観的)ではなく、お客さんが使い続けてくれているか等の行動(客観的な)のデータの収集と、分析が大事です。

(2)細かいデータを取って、データを取るためのプロトタイプを作成して、データによる意思決定を行います。

価値観を同じするメンバーを選ぶこと

(1)グーグルでは、優秀で、遊び心があり、世界を変えたいという野心を持つことを採用基準としているそうです。

(2)弊所では、真面目で、正直者で、遊び心がある人を採用基準としています。もちろん、「世界を変えたいという野心を持つ」も大歓迎です。

Contact.お問い合わせ

    ※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。